読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこの日々 - ブログ版

趣味のフルートのことや愛猫のことを、たま〜に呟きます。

ネコ

2歳になりました

我が家の飼い猫である『うり』と『うな』が2歳になりました。保護猫のため正確な誕生日が分からないので、獣医の見立てた生まれ月と我が家でのイベントとの兼ね合いで今日にしたものです。 やってきた時は片手で2匹を持てる大きさでしたが、今では1匹で体重5…

ゴロゴロしたい

カレンダー通りの仕事なので、今週は10日から仕事開始。 先週土曜日からの3連休、それなりに用事はあったけれど、のんびり出来る時間は猫とゴロゴロしつつ、時には眠っていたので、平日と比べると睡眠は随分と多く取れたと思う。病院から処方された薬と合わ…

新入り

猫とまた一緒に暮らしたいと思えるようになったのが春頃。オスとメスがお世話になった動物病院の先生に、もし里親を探す猫がいれば声を掛けて欲しいとお願いした。5月中旬に連絡がきた。隣の市で保護されたという姉妹ネコ。まだまだ小さくて、こまめにミルク…

そしてメスもいなくなった

2011年に亡くなったオスの兄弟猫であるメスが亡くなって1年以上が過ぎた。長らく軽く咳をしていたのだけれど、あるときから呼吸が苦しそうになり病院へ。原因不明だけれど肺の機能が落ちていて、本来であればレントゲン写真では肺の辺りは真っ黒で写るはず…

偲2

餌の減りが極端に悪いことに気づいたのは、東北関東大震災後しばらくしてからのことだった。 気のせいかとも思ったけれど、数日続けてほとんど減らない。その頃、長年悩まされていた脱毛治療のために、状況に応じて毎週あるいは隔週ペースでどうぶつ病院へ通…

仮死で生まれたネコだった。 母猫の飼い主の適切な処置が効奏してとどまった命だった。そのためか、お乳で育っている頃は、一緒に生まれた他3匹と比べるとずっと身体が小さかった。小さくて、ちょっとだけ臆病だったのか、オスの兄弟の動きをくりくりとして…

お知らせ

大切な家族である猫のうちの1匹がなくなってひと月になる。ひと月目に、ここにそのお知らせと、あとは何か書こうと思っていたのだが、こうして書き始めた今も、何から書き始めればよいのか分からないほど混乱している。直接の死因は肝リピドーシス。ようや…

ねこばばさせる

気づいたら、我が家のオス猫がうんちをした後、砂を掛けなくなった。トイレに入って見かねたメス猫が、むき出しのものにせっせと砂を掛けてくれたりもしたし、私も現場を見かけた時はオスに文句を言ったりもしたのだけれど(うちの猫は結構言葉を分かってく…

ねこじゃらされない

「ねこのきもち」というベネッセが発刊している雑誌を数か月前から定期購読している。 今月号はふろくがついてきたのだけれど、それが「ねこじゃらし」(ここの「6月号ふろく」)。 届いてすぐに封を開けて猫たちに振り振りしてみたのだけれど、♀は手を出し…

まだ大丈夫

予想される死因(にゃんねる/2008年12月26日) そのうち 「体重8Kgの猫にプレスされて内臓破裂で死亡」 という記事が載ったら、それは私かもしれない… 大丈夫! 体重10kg超(一時期は11kg超)に同様のことをされていながら 生きている下僕がここにいます。

療養日記85 - w/d34

しばらく猫についてメモすることができなかった。 この空白の間に、♀が頻繁にくしゃみをするようになり、ひどく目やにが出るようになっていた。あまりに気になったので、動物病院で診てもらったら、治まってきてはいるが、猫風邪かもしれないとのことで、消…

療養日記63 - w/d12

よく眠り、よく遊んでいる。最近は2匹共によく甘えても来るのだけれど、一体どうしたんだろう。それに療養中の♂よりも♀のくしゃみの方が気になる。 w/dの餌の量を計算したところ、前の餌よりもむしろ多目となり、2匹合わせて少なく見積もっても1回当たり1.2…

療養日記52 - w/d01

今朝、新しい餌の袋を開けた。パッと給餌量一覧を見たところ、前のよりも少なそう。後で再計算しておこう。

療養日記048

次のステップとなる、結晶のできにくくする作用のある餌を動物病院で購入してきた。先生とあれこれ話し、悩んだ末、結局、カロリーライトなタイプのw/d とする。これの4kgを購入。6,594円 これを食べ始めてから2,3週間後に再度尿検査となる。今のs/dの消…

療養日記046

夜やる餌で、次のステップの餌であるc/dをやる。こちらも普通に食べる。どちらも食べるとなると、ダイエット用を勧められるんだろうなあ。ずっと同じなのもなんだし、両方を交代でやるのでもいいかなあ?相談してみよう。

療養日記045

次のステップの餌の様子を見るのに、極端に空腹ではない時に、これまでの餌と織り交ぜてみる予定でいた。そろそろ今の餌の残り具合から試してみる時期になった。前回の診察時に頂いた試供品から、ヒルズプリスクリプション・ダイエットのダイエット用のw/dを…

療養日記043

いやはや、元気です。悪さするわ、喧嘩するわ・・・

療養日記041

1時間ほど前だが、餌を摘んでトイレを済ませて出てきたところでペースト状のものを少量嘔吐。食べる前に♀と戦いを繰り広げたから?それとも私が笛を吹いたから?!(追記) TTTTさん>そこに反応されましたか…orz

療養日記039

経過日数を忘れないためのメモ。元気です。今の餌を早く食べ終えないと、次のステップへ進めないんだけど、あんまり食べない。と、ヤキモキしたところで、自主性に任せるしかないのだけれど。

療養日記037

散々しゃべって(鳴いて)、食べて、ただ今爆睡中。エコーのために毛をそった部分も、少しずつ元に戻ってきている。

療養日記033

変わりなく元気……と書くしあわせ。

誕生日

我が家の猫たちの誕生日。8歳になりました。まだまだ元気でいて欲しい。

療養日記032

日付チェックのため。特記事項なし。いつもどおりに元気。

療養日記031

平和に眠りこけています。最近は全然嘔吐がなくて安心です。

療養日記030

この件で始めて病院へ行って一月が経つんだなあ。順調な回復に感謝。

療養日記029

特に変わったこともなく。♂は今、寝言を言いながら眠っている。

療養日記028

薬無し6日目。見た目は何の問題も無い健康なネコ。

療養日記027

2週間弱ぶりの通院。本日は尿検査を実施。大人4人がかりで押さえつけ、頑張れ、頑張れと応援しながら、カテーテルを使って採尿。採尿後、一刻も早く診察台から逃げようとする♂を抱っこしたら、周りが苦笑。 尿検査結果 検査項目今回検査結果前回検査結果参考…

療養日記026

薬無し4日目。帰宅したら餌皿が空っぽで要求された。元気。 明日は久しぶりの病院。

療養日記025

薬無し3日目。食べる餌の量が少ないのが少々心配ではあるけれど、それ以外は元気元気。嘔吐無し。

療養日記024 (2008.03.13)

薬無し2日目。元気げんき。暖かくなったからか、暑がりな♂は、時折ホットカーペットの上以外の場所で眠るようになった。これもまた元気なればこそ。

療養日記023

薬無し第1日目。元気にしているが、トイレに柔らかうんちが。お尻を見たところ♂っぽい。量が多そうなのだが、もしかして便秘?トイレにある便の量が少ないような気がするのだが、食べている量が少ないからかと思っていた。もし便秘なのだとしたら、それはそ…

療養日記022

現在の所本日嘔吐なし。抗生剤終了。これから約1週間は観察のみ。春の陽気を感じているのか、活動的になっているようだ。元気な猫たちを見るのは嬉しい。

療養日記021

ダンナとの連携に失敗し、朝の薬を飲ませられず。私は朝そこそこ早い時間から自宅を出ていたのだが、私が出たあと、♀が吐いたとのこと。食べ過ぎたか、慌てて食べたせいで吐いたのか、餌粒の形が分かる状態だったらしい。 ♂は元気。残る抗生剤はあと1日分。…

療養日記020

餌と薬は順調に。

療養日記019

朝、餌は残ってはいたけれど、晩までには少ないかなという感じだった。が、敢えて餌を足さずそのままに。本日は昼は帰宅していないので昼の様子は分からないが、晩の帰宅時には餌皿は空っぽ。帰宅した私のまわりを、餌が欲しくてウロウロ。入れると、少しが…

療養日記018

餌は一応食べている。食べる量は少な目でも、元気に走り回ったり、後追いしてきたりしているので、問題はないだろう。現在のところ嘔吐なし。薬はちゃんと飲んだ。

療養日記017

餌の減り具合は少量だが食べてはいる。薬も2回飲む。今のところ嘔吐無し。毛の薄くなっている部分だが、念入りに舐めたり噛んだりしている様子。頻繁ではないので痒いというのでもなさそうな気がするが、ちょっと気になるなあ。

療養日記016

嘔吐無し。薬飲んだ。食べた餌の量は少ない。

療養日記015

本日は嘔吐なし。餌の量は多くは無いけれども食べてはいる。お腹が空けば要求して入れたてを口にするから、取り立てて好きではないのだろうけれど、これを食べるしかない程度の認識はしているようだ。食が細くなっているけれども以前と様子が変わらず元気だ…

療養日記014

朝起きたら、少量ながらも吐しゃ物が……。餌を食べてから水を飲んだら吐いたといった感じのもので、餌は形がそのまま残っていた。うーん、水飲んで吐いちゃったのか。心配だなあ。とはいえ、♂は元気。量が少ないので♀の可能性もないわけではない。こちらもし…

療養日記013

格闘して薬を飲ませてから通院。 今回もエコーにチャレンジ。やっぱりおしっこが溜まっていなくて膀胱が小さい(先生いわく2,3cm)のではっきりとは分からないけれど、大きな石はなさそうとのこと。今週の嘔吐は1回で、その前の週と比べると回数が減ってい…

療養日記012

昨夜中に吐かれたものの、一夜明けた本日は特に何事もなし。 薬も餌もつつがなく。

療養日記011

本日も嘔吐なし。量は少ないながらも比較的コンスタントに餌を食べている。 嘔吐がなく元気にしているので、餌を食べた後であるかどうかを余り気にすることなく、最近薬を飲ませている。いろんなことに対して、随分と気が楽になったように感じている。 と思…

療養日記010

本日も嘔吐なし。無事に1日2回の服薬を済ませた。

療養日記009

多少の格闘はあったものの、朝晩と無事に抗生剤を飲ませた。 本日も現在のところ嘔吐なし。 諦めがついたのか、餌も以前よりは食べるようになった。

療養日記008

本日は久しぶりに朝晩と私が薬を飲ませる。少しは慣れてきたものの、いまだ油断ならない。というのも、上手く飲ませられていない時に、知らん振りして吐き出しているからだ。観察が必要。 昨日、本日と嘔吐なし。 ちなみに、ねこの薬の飲ませ方はこんな感じ…

療養日記007

基本的には薬の受取だけだったのだが、とりあえず♂も連れて行った。 余り吐いていないこと、餌を食べる量が少ないようであるが元気であることを先生に誘導されつつ伝える。 体重を量ったら、前回よりも約200g程度減っていたが、ちょっと減ったという程度なの…

療養日記005(←番号を経過日数に変更)

ダンナからの伝え聞きをメモ。 帰宅したら大量の吐しゃ物があったとのこと。泡はなかったらしい。吐いちゃったら、その餌を食べている意味がなくなってしまうのだが・・・というか、体力なども心配なのだけれど。

療養日記003

本日は嘔吐みられず。 餌は好みではないらしく、2匹揃って余り食べていない。半日分相当の量もまだ食べ終えていない。これはこれで心配。 薬をまだ上手く飲ませられなくて、朝も格闘、夜は馬乗りになってまで何とか飲ませる。馬乗りできる……という辺りで、…