ねこの日々 - ブログ版

趣味のフルートのことや愛猫のことを、たま〜に呟きます。

ネコ

療養日記024 (2008.03.13)

薬無し2日目。元気げんき。暖かくなったからか、暑がりな♂は、時折ホットカーペットの上以外の場所で眠るようになった。これもまた元気なればこそ。

療養日記023

薬無し第1日目。元気にしているが、トイレに柔らかうんちが。お尻を見たところ♂っぽい。量が多そうなのだが、もしかして便秘?トイレにある便の量が少ないような気がするのだが、食べている量が少ないからかと思っていた。もし便秘なのだとしたら、それはそ…

療養日記022

現在の所本日嘔吐なし。抗生剤終了。これから約1週間は観察のみ。春の陽気を感じているのか、活動的になっているようだ。元気な猫たちを見るのは嬉しい。

療養日記021

ダンナとの連携に失敗し、朝の薬を飲ませられず。私は朝そこそこ早い時間から自宅を出ていたのだが、私が出たあと、♀が吐いたとのこと。食べ過ぎたか、慌てて食べたせいで吐いたのか、餌粒の形が分かる状態だったらしい。 ♂は元気。残る抗生剤はあと1日分。…

療養日記020

餌と薬は順調に。

療養日記019

朝、餌は残ってはいたけれど、晩までには少ないかなという感じだった。が、敢えて餌を足さずそのままに。本日は昼は帰宅していないので昼の様子は分からないが、晩の帰宅時には餌皿は空っぽ。帰宅した私のまわりを、餌が欲しくてウロウロ。入れると、少しが…

療養日記018

餌は一応食べている。食べる量は少な目でも、元気に走り回ったり、後追いしてきたりしているので、問題はないだろう。現在のところ嘔吐なし。薬はちゃんと飲んだ。

療養日記017

餌の減り具合は少量だが食べてはいる。薬も2回飲む。今のところ嘔吐無し。毛の薄くなっている部分だが、念入りに舐めたり噛んだりしている様子。頻繁ではないので痒いというのでもなさそうな気がするが、ちょっと気になるなあ。

療養日記016

嘔吐無し。薬飲んだ。食べた餌の量は少ない。

療養日記015

本日は嘔吐なし。餌の量は多くは無いけれども食べてはいる。お腹が空けば要求して入れたてを口にするから、取り立てて好きではないのだろうけれど、これを食べるしかない程度の認識はしているようだ。食が細くなっているけれども以前と様子が変わらず元気だ…

療養日記014

朝起きたら、少量ながらも吐しゃ物が……。餌を食べてから水を飲んだら吐いたといった感じのもので、餌は形がそのまま残っていた。うーん、水飲んで吐いちゃったのか。心配だなあ。とはいえ、♂は元気。量が少ないので♀の可能性もないわけではない。こちらもし…

療養日記013

格闘して薬を飲ませてから通院。 今回もエコーにチャレンジ。やっぱりおしっこが溜まっていなくて膀胱が小さい(先生いわく2,3cm)のではっきりとは分からないけれど、大きな石はなさそうとのこと。今週の嘔吐は1回で、その前の週と比べると回数が減ってい…

療養日記012

昨夜中に吐かれたものの、一夜明けた本日は特に何事もなし。 薬も餌もつつがなく。

療養日記011

本日も嘔吐なし。量は少ないながらも比較的コンスタントに餌を食べている。 嘔吐がなく元気にしているので、餌を食べた後であるかどうかを余り気にすることなく、最近薬を飲ませている。いろんなことに対して、随分と気が楽になったように感じている。 と思…

療養日記010

本日も嘔吐なし。無事に1日2回の服薬を済ませた。

療養日記009

多少の格闘はあったものの、朝晩と無事に抗生剤を飲ませた。 本日も現在のところ嘔吐なし。 諦めがついたのか、餌も以前よりは食べるようになった。

療養日記008

本日は久しぶりに朝晩と私が薬を飲ませる。少しは慣れてきたものの、いまだ油断ならない。というのも、上手く飲ませられていない時に、知らん振りして吐き出しているからだ。観察が必要。 昨日、本日と嘔吐なし。 ちなみに、ねこの薬の飲ませ方はこんな感じ…

療養日記007

基本的には薬の受取だけだったのだが、とりあえず♂も連れて行った。 余り吐いていないこと、餌を食べる量が少ないようであるが元気であることを先生に誘導されつつ伝える。 体重を量ったら、前回よりも約200g程度減っていたが、ちょっと減ったという程度なの…

療養日記005(←番号を経過日数に変更)

ダンナからの伝え聞きをメモ。 帰宅したら大量の吐しゃ物があったとのこと。泡はなかったらしい。吐いちゃったら、その餌を食べている意味がなくなってしまうのだが・・・というか、体力なども心配なのだけれど。

療養日記003

本日は嘔吐みられず。 餌は好みではないらしく、2匹揃って余り食べていない。半日分相当の量もまだ食べ終えていない。これはこれで心配。 薬をまだ上手く飲ませられなくて、朝も格闘、夜は馬乗りになってまで何とか飲ませる。馬乗りできる……という辺りで、…

療養日記002

これまでは、出勤間際に餌を皿に入れていたのだが、薬を飲ませる都合から、朝私達が起きてネコのいる部屋(寝室にはネコを入れていないので)に入ったら餌を入れる。空腹らしくすぐ食べるので、何とか出勤前に飲ませることが出来る。 とはいえ、飲ませるのに…

療養日記001(補足)

療養日記001 - ねこの日々の補足。 血液検査結果 検査項目検査結果参考正常値 GLU血糖128 mg/dL71〜148 BUN尿素窒素23.2 mg/dL17.6〜32.8 TP総蛋白7.4 g/dL5.7〜7.8 GPT/ALT66 U/L22〜81 WBC白血球数10200? RBC赤血球数698×104? HCTヘマトクリット値37.6%…

療養日記001

飼い猫の♂がしばらく療養しなければならなくなった。記録のために新たにブログを立ち上げることも考えたが、管理のことも考え、こちらにメモすることにした。タイトルに「ねこ」がついているし、ま、いいでしょう。 ネコのプロフィル 多頭飼(2匹:♂/♀)のあ…

まったり団子2種

ペットショップで見かけた団子たち。今週も仕事がんばりました。 リスはチョロチョロされて、ちょっと団子っぽさが失われてしまいましたが。

ネコ+お留守番+何日間

飼い主の考え方とねこの性質、環境に依ると思いますので、うちの猫たちの場合ということで。 うちには2匹の兄弟猫がいますが、退屈紛れに取っ組み合いをしたり、寒いと引っ付いて寝たりと、まあ標準的に仲の良い様子なので、2匹が一緒にいれば大丈夫だろう…

餌を食べない・その後

結果として、お皿が空っぽになるようになった。留守中の預け先と自宅との往復によるストレスと、餌に飽きたのとの両方が原因だったのだろうと思われる。気分転換に餌皿を変え(これは私の気分転換かも)、餌の銘柄を変えて、皿が空になりやすいように少量で…

続・餌を食べない

入れた餌の食いつきはよろしくないけれども、私が餌をしまっている所を開けると瞬時に現れたり、目を離している隙に食べ残りの魚の皮を引きずっていたりと食欲はある印象。あまりにせがむので少しだけ新しく餌を追加しようとすると、私が持っている袋を見て…

餌を食べない

食べないというのは由々しき事態ではあるのだけれども、全く食べないというのでもなく時々つまんではいるようだし元気なので病院へ連れて行かずに様子を見ている。とはいえ、極端に食べる量が減っている。どうも餌が気に喰わないのではという感じでもある。…

寝顔

♂が仰向けで口を開けて寝ています・・・。

ケホケホ赤べこ

胃に溜まった毛玉を吐き出そうと、時々ネコがケホケホする。最近は便と一緒に毛を排出するようなインドアキャットを対象とした餌があって、そういうのを食べさせていることから、実際に毛を吐き出すことはないのだけれども、とても苦しそうにケホケホ、ゴホ…