読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこの日々 - ブログ版

趣味のフルートのことや愛猫のことを、たま〜に呟きます。

役所のサイトに求めること

市役所の職員が、市役所の職員の立場から市民との距離を縮めるために市役所ブログを書いているというニュースを聞いた。
期待せず、むしろ半ば揶揄する気持ちを抱えて、ブログがリンクされているであろう、その市のサイトにアクセスしてみた。

驚いた。その市のサイトは非常に見やすく、かなり利用者に便利なものだったのだ。手続きに関する説明でも、担当課・係に加え、ちょっとした手続きについては必要な書類のダウンロード可能なpdfファイルまでが分かり易く並んでいたのだった。少なくとも、私の居住自治体のサイトよりは、ずっと見やすい気がする。

もっとも、ページAとページBがリンクされていたらもっと便利なのにとか、あるいはデッドリンクがあるのが残念とか、よく出来ているだけに、もっとこうなっていればと思う部分も目に付いてしまう。しかし、具体的にこうなっていればと思わせるまでには出来上がっているのだ。

このサイトを見て、思い出したエントリーがこちら。

お役所仕事(湖畔日記)

ある出来事について,関係のありそうな役所に「こういうことがあったが,手続が必要か,どういう手続をすればよいか?」と問い合わせたが返事がなく,手続が要らないものと思っていた.そんなことを忘れてしまっていた今になって「○○と○○と○○の手続きがまだ済んでない」と催促してきた.

こちらのコメントにも書かせていただいたのだけれども、(市)役所のサイトで、担当部署や必要書類を含む手続き方法が分かり易く示されていれば、役所側も利用側も余計な仕事を増やさずに済むし、短時間で処理できるのではと思うのだ。サイトに力を注ぐのは決して無駄な作業ではないと思うのだが。

利用者の全てがインターネットを利用しているということではないからなのか、とりあえず役所のサイトは持っていなくちゃ流行に乗り遅れるという感覚なのか、とりあえず作ってみたよ、という感じのサイトも見受けられる。正直な所、書類の一字一句や不備についてウルサイ役所の仕事とは思えない。その細やかな神経でもって利用者の視線で作って欲しいと思うこともある。役所の人はあくまで役所の人で、利用者の立場にはなりえないのかしら。あるいは、他の業種のサイトを見て、ちょっと分かり辛くて毒づいたなんて経験もないのかな。