読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこの日々 - ブログ版

趣味のフルートのことや愛猫のことを、たま〜に呟きます。

白神山地旅行1

7月某日、白神山地へ友人夫妻と3泊4日で白神山地へ行ってきました。これはそのメモのシリーズその1です。

はじまり

 友人は、折を見て世界自然遺産へ行くことを楽しみとしていたそうです。日本には屋久島、白神山地、知床の3つの世界自然遺産がありますが、ご夫婦にとってはその3か所目にあたる白神山地へ行くために拠点としてコテージを取ったが、6人宿泊できる場所に2人で行くのもつまらないので、よかったら一緒にいかがでしょうとお誘いをいただいて、それに乗ったのでした。

白神山地

 (場所)
 青森県秋田県をまたいで広がっている山地です。合わせて2市6町4村に広がっています。世界遺産地域はこの一部で、秋田県藤里町青森県深浦町鰺ヶ沢町西目屋村、岩崎町の3町2村に位置しています。世界遺産地域である核心地域には一般人は立ち入ることができませんが、緩衝地域にある周辺の山々には入ることができます。
参考:白神山地の概要
http://www.rinya.maff.go.jp/sekaiisan/introduction/sirakamisanti/index.html

宿泊場所

 宿泊場所はサンタランド白神にあるコテージ。青森県深浦町にあるのですが、市町村合併をする前の旧岩崎村が、サンタクロースのふるさとであるフィンランド国ラヌア郡と姉妹都市の締結をしたのを機に建設されたとのことです。敷地内には、あちらこちらにサンタクロースがいます。平成20年10月1日から、施設名が「アオーネ白神十二湖」に変わるそうです。ここにある展望台から見える、日本海へ沈む夕陽はとてもきれいでした。辺りの山々などもパノラマで一望できます。
 朝食、夕食は、施設内にあるレストランで頂きました。朝食はビュッフェ(和洋)、夕食は野菜、山菜、魚の和食でした。地元で採れるものが多く使われていて、この地域での食生活を垣間見ることができました。

移動手段

 飛行機で青森空港へ飛び、そこからはレンタカーを利用しました。青森空港からサンタランドのある深浦町へ行く道を探すと、地図からは県道28号線が近道に見えるのですが、この道は砂利道の続く難所とのことです。初日の移動ではなく後日に、興味本位からこの道を3分の1ほど走ってみました。最初は普通の舗装道路ですが、途中から幅員が狭くなり、ついには狭い砂利道となります。しかも急なカーブが多く、また山道のために上ったり下りたりが続きます。さらに、地元の方が山菜取りのために、道端に車を止めて作業しています。カーブを曲がると停めている車が見えたり、道端に人の姿が見えたりして驚くこともありました。慎重に時間をかけて運転する分には、車の運転の好きな方にはそれなりに楽しめる道だと思いますが、急いでいる時には使えない道です。実際、この道は決して近道にはならないこと、砂利道が続くことが、看板で何度も警告されました。
 県道28号線です。

経路

往路:青森空港八甲田山〜十和田〜大館〜能代〜サンタランド(深浦)
復路:サンタランド(深浦)〜鰺ヶ沢津軽岩木スカイライン岩木山立寄)〜弘前青森空港