読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこの日々 - ブログ版

趣味のフルートのことや愛猫のことを、たま〜に呟きます。

大野病院事件、被告医師に無罪判決

私は医療従事者ではありませんし、医療に従事されている方が随時、適切かつ詳細な解説や考察と共に取り上げていらっしゃったので、ここで表立って取り上げることはしておりませんでしたが、この事件には関心を持っておりました。昨日id:Yosyanさまのコメント欄にもお邪魔させていただきました。

先程、ネットニュースで、無罪判決が出たことを知り、ホッとした次第です。このまま裁判そのものも終了し、加藤医師のご負担の軽くなることを祈るばかりです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080820-00000000-cbn-soci

大野病院事件、被告医師に無罪判決

8月20日10時8分配信 医療介護CBニュース

 福島県立大野病院で2004年12月に帝王切開手術を受けた女性が死亡した事件で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた当時の産婦人科医長、加藤克彦被告(40)に対する判決公判が8月20日、福島地裁であり、鈴木信行裁判長は、無罪判決を言い渡した。


 起訴状などによると、加藤被告は2004年12月17日、女性の帝王切開手術をした際、胎盤と子宮の癒着を認識。胎盤を無理にはがせば大量出血する恐れがあるのに、子宮摘出術に移行するなどの危険回避の措置を怠り、剥離(はくり)を続けて女性を失血死させたとされた。
 また、異状死を24時間以内に警察に届けなかったとして、医師法21条違反にも問われたが、鈴木裁判長は、検察側の主張を退けた。

 検察側は今年3月21日の論告求刑公判で、禁固1年、罰金10万円を求刑していた。