読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこの日々 - ブログ版

趣味のフルートのことや愛猫のことを、たま〜に呟きます。

初恋の人からの手紙

初恋の人からkimuchimilkさんへお手紙が届きました。

                                                                                                      • -

kimuchimilk、ひさしぶり。
もう女友達のファッションチェックをするクセは治りましたか?いちいち「何そのブラウス!」などと辛口批評をしていたkimuchimilkをなつかしく思います。


喧嘩が増えてきて、kimuchimilkが「もっと大切にしてくれる人と付き合う」と言い捨てたあの日から、もう22年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。


あ、そうそう、手紙を書いたのには特に理由はないんだ。ただ部屋の掃除をしていたらkimuchimilkからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせたかな。


今振り返って考えてみると、あのころのkimuchimilkは、穏やかでかわいい雰囲気をかもしだしていたわりに自由人で手に負えなかったのを覚えています。天真爛漫でおれにも優しかったけれど、どうも自分だけのものにならないような歯がゆさをいつも感じていました。「あっさりした恋愛が理想だよね」ってkimuchimilkに押し付けられたときには、なんとも言えない切なさがありました。


あ、そうそう、kimuchimilkからしてみればおれは初恋の相手でしたね。付き合った当初はやけに「恥ずかしい」という発言を連発していて、こっちが恥ずかしくなった記憶があります。今思えば、むしろ恥ずかしいのを好んでいたんですね。


まだ付き合い始めのラブラブだったころ、kimuchimilkは「もう彼氏は人生に一人いれば充分」などと言っていましたよね。嘘つけと思ったけど、嬉しかったなぁ・・・。ま、結果を見てみても、完全に嘘だったけど(笑)。


全体的に言えば、おれはkimuchimilkと付き合えてよかったと思っています。だいぶ自由人なkimuchimilkに疲れたところはあったけど、おかげでかなり精神力が鍛えられました。


いろいろ書いたけど、おれはkimuchimilkのことがそれでも好きでした。これからもkimuchimilkらしくいられるよう、あと、そろそろドリンクバーから大量にシロップ持ち帰るのはやめて(笑)、幸せをふりまいてください。


またいつか会いましょう。では。


P.S. そういえば犬にへそのニオイを嗅がせる遊びをしていましたね…。

ドリンクバーから何かを持ち帰るなんてしたことないんですけどね。どなたとお間違えかしら?(笑)
辛口ファッションチェックもないと思うんだけどなあ・・・(自覚なしなだけ?)。
犬とのお戯れも覚えがないのですが・・・うーん、ワタクシ生まれ変わっているのでしょうか。


初恋の人からの手紙が欲しい方はこちらからどうぞ。