読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこの日々 - ブログ版

趣味のフルートのことや愛猫のことを、たま〜に呟きます。

東北関東大震災

ぼそっ

震災お見舞い申し上げます。
何気ない日常の有難味をかみしめながら、元気に暮らしております。居住地は災害救助法適用地域ですが、あとは水が通ればライフラインが整う程度での被害でした。とはいっても、陥没して通行止めになっている個所もあり、損壊した建物もあちらこちらで見かけます。幸い津波の被害はありませんでしたが、同じ県内では津波による被害も甚大です。
立っていられないほどの揺れは初体験でしたが、揺れの最中に停電し、その後数日電気も水もない暮らしは初めてでした。幸い自宅は無事でしたので、自宅内でアウトドアグッズを駆使した生活をしておりました。この地であんなに星が良く見えるとは思いませんでした。

それぞれのご自宅も大変な中、ライフラインの整備に取り組んでくださる方々、今現在の生活を支えてくれる方々には感謝の言葉しかありません。

自宅の冷蔵庫には幸い食べ物があり、身の回り品もあったため、大急ぎで買う必要のないのが幸いでした。地震の翌日には、近所の個人商店がパンやジュース等を仕入れてきてくれて、そういえばそろそろ必要かなということで購入。個数限定ながら売ってくれたのは嬉しかったです。それ以降は何とかなったので、買い物をしませんでしたが、どこも5時間ほど並ばないと売り場にたどりつけない状態だったようで、その時間を考えるとラッキーだったと思います。

また、生協の個別宅配が、可能な限りの(注文)品を届けてくれて有難かったです。もちろん生鮮食品は無理でしたが、これがあったからこそ、買い物に1日の多くの時間を割かずに済みました。

幸い職場はそんなに遠くないので、本日は就職して初めて自転車で職場へ行きました。その帰り道、店頭販売のスーパーでリンゴを買いました。リンゴを見ていたら心がウキウキしました。

地震後数日経ってからようやっと見たテレビの映像で、宮城の津波の様子を見て唖然としました。ラジオでは聞いていましたが、映像でその想像を超えていたことを確認しました。
生活が落ち着いたら、自分に出来ること(の最たるものは静かに暮らすことのような気がします。物流が滞っていますし。)を考えつつ、行動に移していきたいと思います。

震災の心的影響としては、炊ける時にご飯を目一杯炊いておきたい衝動に駆られることです。ご飯さえあれば、また長時間停電になってもなんとかなると思っているようです。食べることって大切ですね。そして、食べてホッとしたら居眠りできたら素敵です。食べること眠ることって大切ですね。そうしたら、元気に暮らしていけるような気がしています。

そんな本日は、余震が多くて、ちょっと落ち着けなくて、久しぶりに更新しました。