読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこの日々 - ブログ版

趣味のフルートのことや愛猫のことを、たま〜に呟きます。

発表会の準備3

flute

先週末のレッスンのメモ。
タファネル・ゴーベールの2番でウォーミングアップ兼調子の確認後、バッハのg-mollの3楽章を。
前回と同様にメトロノームを1目盛ずつ上げながら。前回の続きから、八分音符108から144まで。八分音符で138まではそうでもなかったのに、144になった途端、急に速くなったような気がした。感覚になれないと。
師匠からは、八分音符で138の辺りで、四分音符がディタッシェで聞こえなくなってきたから気を付けるようにと注意が入る。あとは、ピアノの動きを意識することも指摘された。ピアノとフルートで掛けあいしている曲だものね。

ひとまず3楽章はここまでにして、次回は1楽章ということに。1,2楽章との兼ね合いでは、3楽章はもう少し速いテンポでやりましょうとのこと。

テンポを上げたらボロボロになるかと思ったけれど、そんなにひどいことにはならなかったので、「思ったよりは大丈夫だったなー」と呟いたら、師匠が「ああ、大丈夫よー」と。去年の発表会の反省と指摘から、この1年間は音を安定して確実に当てることを最優先にしてきた。これからの本番、その成果が出るように集中したい。